2017/07/19

まるか農園

大学2年生の頃に、デザイン科からの編入で
工芸(陶芸)に入ってきた男の子がいた

飄々とした人懐っこい笑顔で、
人の良い穏やかな人だった

彼の物怖じしない性格もあったのだけれど、
まるで初めからいたかのように、
気づいたらすぐに馴染んでいた


宮城出身の彼は、卒業して地元に帰り
結婚して子供もできて、
一家で海の近くに住んでいた

もう本当に、住所に、
浜とか海とかついているレベルで海岸線に近い場所だった


2011年3月の東日本大震災の時に、
多くいた東北出身の大学の私の知人の中で、
もっとも危険な地域に当時住んでいたのが彼だったと思う

案の定、家は圧倒的な津波で全壊したが、
幸運なことに家族から動物たちまで命は助かったという


住むところがなくなった彼は、
何故か奄美大島に家族で移住することにした

もともと島に住んでいそうな人だったし、
きっと彼の性格ならどこでも平気だろうと思ったけれど


私が知らないだけで、きっといろいろ苦労もあったのだと思うが、
移住してすぐに果樹の栽培を習い作り始めたということは聞いていた


奥様としぶちん(渋谷くん)
本当にいい写真
facebookより
先日、震災時に世話になったからと、
(まったく世話した覚えがないが…)
彼から小包が届いた


もう、箱を開ける前からすごく良い匂いがしていたのだけれど、
開けた途端に甘酸っぱい豊満な香りが溢れ出てきて、
その中に綺麗な赤紫のパッションフルーツが愛らしく鎮座していた

パンフレットの絵がまたかわいい!


芳醇な香りに、とりあえずワクワクしながら冷蔵庫に冷やしておいたのだけれど


パッションフルーツと聞いて、他の果物と比べ、正直そこまで期待感はなく
すっぱくて少し渋みが口に残るフルーツのイメージがあった


でも、彼曰く、
栄養価が高く美肌にいいらしいので(アンチエイジングとか)、
睡眠不足と疲れからボロボロな身体だったので、
寝起きの午前4時前に、
説明通りの切り方で割り、
スプーンでこぼれおちそうな果肉をすくって、口にしてみた 


あまりの美味しさに、走って携帯を取りに行き、
早朝に関わらず、すぐさま彼にメールをする



なんだこれ、めちゃくちゃ美味しい…



はっきり言いますが、
パッションフルーツはすごい美味しいフルーツでした


最近、グリーンカーテンとして、
ゴーヤや朝顔に代わり注目されつつあるパッションフルーツ


自宅でも収穫できたりするから、
逆にパッションフルーツの美味しさをわからないまま、
味の認識が固定している人が増えつつある気がする



けど、全然違う!


本当に違うからね!


それは、パッションフルーツじゃなくて、ただの実ですよ。


本当に食べてよ、これ。

まるか農園HPより
http://amantropico.amamin.jp/

冷凍させても美味しいらしいから、
いま、半分冷凍させている

で、あまりに美味しいけど、
これはきっと、彼が愛情と丹精込めて育てたっていう、友情補正が入っているかもしれないなとも思ったのだけど

それでも美味しいから、
なんでこんなに美味しいの?と聞いたら

ウチのはなんだかうまいんだよ。と

友情補正どころか、
すでに色んな方から絶賛をうけているらしい

彼の屈託ない笑顔を思い出す

奥さんやお子さんにはまだお会いしていないが、写真で見る限り、
こちらが微笑んでしまうような本当に本当に素敵な家族です

そんな素敵な家族の愛情の詰まった果樹園の果物は、
本当に美味です
この写真もfacebookより
あまりに素敵だったので

でも、本当は収穫初期のがもっと美味しいんだよっと教えてくれたので、
次こそはっ

実は、パッションフルーツの収穫時期は7月15日でもうおしまい、
本当はシーズン初めに宣伝したかったのですが、
ぜひ、ご興味があれば、来年にでもどうぞ

ま、私は奄美大島に遊びにも行きたいんだけどね

贈答用(箱入り) 6個 1500円
         12個 2500円

家庭用     1kg 2000円
         3kg 4500円
         5kg 7000円

加工用についてもご相談を承ります。

TEL/FAX 0997-63-1504
Email ama-tropico@s500.jp

写真:facebookより
情報:HPより


箱もかわいいんだよ!


注文書の写真も載せておきます

まるか農園 渋谷丹

2017/07/16

グループ展示のコクチです。@ 恵埜画廊 in 山形 July/2017

展示のお知らせです

今週から始まるので、ものすごくギリギリのお知らせですが…

山形市の恵埜画廊さんでのグループ展示に、30~40点ほど出品させてもらいます



古今;GENDAI@JO-SETSU展-夏期 恵埜画廊常設展 ~現代アート編~-

2017年7月21日(金)~31日(月)   
※25日休み(火曜定休)

10:30~18:30   
※最終日は17:30まで

恵埜画廊(よしのがろう)
http://www.yoshino-garo.jp/home.html

〒990-0042
山形県山形市七日町2-1-38
◆電話:023-623-3140
◆FAX:023-623-3140
◆E-mail:info@yoshino-garo.jp
◆営業時間:10:30~18:30
◆定休日:火曜日

“新しい思考を創り出す”手段として、現代アートは、時代を映し込む存在と言えるのではないでしょうか。価値観が次々を変化していく大きなうねりの中、美術作品は益々多様な姿を見せつつあります。今回は1960年代から現代の作品をご紹介します。その時代々に選ばれてきた作家たちそれぞれの、今を生きる作品をどうぞご覧下さい。(H

作品:猪熊弦一郎(版画)・池田満寿夫(版画)・オノサトトシノブ(版画)・内田鋼一(陶芸)・シムラユウスケ(ミクストメディア)・瀧下和之(フィギュア)・ふくちあやこ(陶)・ミヤケマイ(版画)・横尾忠則(版画) etc…50音順
(恵埜画廊のHPより)


って、あれ…
今気づいたけど、出展作家名の字面が…そうそうたる方々なんだが…
私なんかが出して、大丈夫なのかな…

お近くにお越しの際は、ぜひお立ち寄りくださいませ。
どうぞよろしくお願いいたします。

はあぁ〜…
とりあえず発送に間に合いそう、良かった…
まず、第1便です

直後に、先月納品を予定していた注文品の第2便を発送して…

で、次は、量産の注文品を…目下制作中です

慢性的睡眠不足と、窯を焚いてるから、部屋のあまりの暑さで頭がボーッと…する

それでも、先々月から睡眠を削って早朝に少しずつ制作しといて良かった…

テンションを上げるために、いつもはあまり聴かない近年の洋楽POPをYouTubeで流していたら、
Ed Sheeranの"Galway girl"のミュージック・ビデオに出てるのが、女優のシアーシャ・ローナン(Saoirse Ronan)で、可愛すぎて癒される

"かわいいは、最強なんです"
でも結局、疲れ果て、Bon IverのLive音源に落ち着く…

2017/07/09

嫁に来ないか feat. Muslim

サウジアラビア人の男の子に、イスラム圏の出会いと結婚について聞いたことがある

親族の男性以外には、素顔(ヒジャーブحجاب=大きなスカーフで髪や顔を隠している)も素肌(アバーヤعباءة=公衆の面前に出るときに服の上からすっぽりかぶるローヴを着ている)も見せないムスリムの女性(=ムスリマ)



日常で、家族以外の異性と話すことも関わることもないのに、なぜか結婚が早い

それは、大体は、結婚適齢期になると親兄弟や親族など伝いに相手をさんざん紹介されて、お見合いという形をとるからだ

その段階だとまだスカーフ姿しか見せてくれないのだけど…

で、男性側が婚礼金をたくさん積んで、交渉し(悪い言い方をすると)女性を買う感じになる

けど、
実際は、女性側からも断れるらしく
金額もまちまち
例えば本人同士が気に入れば金額が少なくても交渉成立だし
逆に、玉の輿も夢じゃない

で、結婚して、はじめて、ヴェールが外されて、素顔や容姿が見られるわけ
なんか究極のエロスな気がする…平安時代みたいでもあるけれど

ちなみに、たまたま外で見かけて、気になる女の子がいたりすると、
親兄弟や親族などあらゆる手を使い、その子の親と接点をみつけるという裏技?もあるらしい

実際は、子沢山で今は奥さんは1人という夫婦が多いが、最高4人まで妻を持てる一夫多妻の国。
叔父さんだけで、40人くらいいて、名前がわからなくなるとか言っていたぐらいだから、40人(×その家族)を動員すれば、気になるあの子の家族ともすぐにつながれる訳だ
…親族の力は偉大なり

でも、これはあくまで男の子側からのオファーのみ可能

実際はサウジのムスリマは
神秘的で美しく、しかもすごくオシャレな子が多く
アバーヤの下は、いまどきの服を着ていたりする

彼女らにとって、オシャレは自分のものであり、異性のためではない
女子会ともなると、着飾り方は華やかで
卒業パーティーか何かの写真を見せてもらったら
みんなデザイナーズのカクテルドレスに髪と化粧もバッチリ
スタイルも顔も良いし、リッチだから、〇〇ヒルズのセレブパーティー顔負けである

彼女たちは、ものすごく美醜にうるさい気がする、表立って口には出さないが、もし宗教的な縛りがなければ、異性の容姿に対する評価も相当口うるさい気がした

多少、人にもよるかもしれないが、
中東系の男の子も、カジュアルな服のセンスは全体的にレベルが高い
顔も体型もよかったりするが、洋服のセンスがよい


さて、そんなわけで、
え、じゃあ30代で結婚していない女の人は、サウジだとどうなの?と18才の男の子に聞いてみたら、"Something wrong(何か問題があるんだね)"と間髪入れずに言われた…

その通りです…

で、ちなみに、当時、妻子持ちの男の子に、第2夫人を誘われたが、第4夫人あたりが良いなっと、丁重にお断りをした

美しい中東女性は、欧米よりも女性の権利や社会的地位がなく、男尊女卑だから、おしとやかで三歩下がって三つ指ついてのイメージかもしれないが、全くそんなことはなく、
ものすごくよくしゃべり、気が強く、自己主張も激しい(個人差は多少あれど)

たぶん、日本男児は、圧倒されると思う…

親切だし、真面目で、しっかりしていて、面倒見もよいんだけどね。
あ、でも、サウジの子だけかな…
たしかレバノンの子は、サウジの子より物腰が柔らかかったかも…
いや、単なる個人差かな…でもサウジっ子はみんな推し強かったな…

最近、イスラムフォビアの風潮が特に強まっていて、
私は中東に、個人的に関心があるから、すごく悲しく思う

たしかに、テロはひどい
けど、テロはテロリストが起こすもので、イスラム教徒が起こしているものじゃない
…でも、先ごろ英国のメイ首相が言っていたことも事実なんだろうな

攻殻機動隊という絶大な人気を誇る日本のアニメ(漫画)があり、その副題が、作中の造語であるstand alone complex(=孤立の複合体)なのだけど、イスラム国のテロ事件を見ていると、それを思い出すし、メイさんの演説からもそれを感じた

イスラム教という宗教が悪いわけではなく、イスラム教のある部分を違った角度で解釈すると、過激な思想に転換される場合があり、それが少ない数であれ、パレートの法則のように、ある一定の過激派を生んでしまうという

そして、それは偶発的発生に近いために、防ぐことが難しく、結局は、イスラム教の思想それ自体を問題視せざるを得なくなるんだろうな
嫌悪のスパイラルは防ぎようがないのかな…

カナダで会ったサウジの女の子が、アメリカの大学ではなくカナダの大学に行くのは、アメリカは差別がひどいからだと言っていた
トランプさんになる以前の話でこれなら、今はもっとかもしれない

サウジがカタールと国交断絶したニュースが最近あり、未だに難航している
また、イギリスの調査で、国内の過激派助長の疑いがでているという
イエメン、シリア、イラン、イラク、アフガニスタン…混沌とした中東で、大国であり続けようとするサウジアラビアもまた何かくすぶり出している気がする

いつになれば、気軽に中東に行けるようになるのかな


サウジの男の子と久ぶりにメールをしていて、まだサウジに行くの諦めてないからねーって言ったら、わかってるよ、って言っていた

その子曰く、自分が結婚してからじゃないと、特に女の人を家に呼んだりできないらしい

平和な世界の中で、夢を叶えてお医者さんになって綺麗な嫁さんもらって早く幸せになってね、と母親のような気持ちで心から祈っている

2017/07/03

30代のハローワーク

怒涛の約2ヶ月間だった…
最後までまったく慣れなかった…
(って、まだ事後処理が終わっていないけど)
 
毎年、日本にいるとゴールデンウィークに、
友達の実家の梨園の摘果の手伝いをしている
 
カナダでは、
ホームレスやドラッグ・アルコール中毒の人たちと日々戯れて
社会との関係をボランティアを含め研究しているし
 
其の後、カナダの島を中心に、親方ゲイリーと工務店を営み、
リノベ&ペンキ塗りの助手をしていた
 
で、今回は、
友達の姉ちゃんの都議選の手伝いをしていた…
 
もう、完全に何屋さんかわからないけど、
私を必要として、時間と興味があれば基本的になんでも手伝いにいく
というスタンスを取っている
(時間が無いのがほとんどだけど…)
 
 
 
…けど、今回は頭の悪い私にはかなり大変だった
 
怒涛の連勤、残業…
初めてなことばかりなのに、意味をきいたり覚えたりする間も無く、
ガンガン仕事を振られ、しかもそのどれもが責任重大らしく、
元々ミクロなキャパが、完全にオーバーヒートして、
半泣きになりながらブツブツ言って、
 
…気づいたら当日
 
 
蓋を開けたら、トップ当選でした。
本当によかったよ…
 
 
 
はっきり言って、よくわからないまま終わったけど、
いつものごとく、周りの人たちにかなり助けられて、気にかけてもらって、
周りのあたたかさに感謝して終わった感じです…
 
ブラックでも闇堕ちしなかったのは、みなさまのおかげです 笑
 
毎回そうだけど、人には恵まれていると思う
…ありがたいです
 
さて、どこまで書いて(載せて)いいかよくわからないから、
いつものごとく潜入(?)レポートを書きたいけど、書いて大丈夫なのかな…
 
今だから、激しく同意する選挙あるある"だけ、とりあえず
 
 
党大会に行ったときに、違う事務所の秘書さんが言っていたのだけど、
 
"選挙に関わる人は、変わった人しかいない"って案件
 
本当にその通りです(関係者のみなさんごめんなさい)
良い意味でも悪い意味(?)でも変人ばかり、
凡庸な私がどれだけ浮いていたことか…
 
あと、
"おれ、選挙のプロだから"って自称する人ほど信用しちゃダメです
…痛い目にあいます
 
あとね
選挙のあのしつこい戦術を生かせば、仕事の集客が上がる気がする
まー、あれをやる気はないけどね…
私の仕事の場合、逆に減るかな…
 
なには、ともあれ、おつかれさまでした
 
そろそろ本業に戻らないと、いろいろとヤバい状態です…
明日は、約ひと月ぶりの休みだよ…
 とにかくねむい…